ワシントンソフト研究所ロゴ ワシントンソフト研究所タイトル
メニューバー

『見積番 7.0』−紹介

エバー製品と、スカイ製品の違い

初期選択  『見積番エバー 7.0』製品『見積番スカイ 7.0』製品の違いを 簡単に記しますと、下記の通りとなります。

マーク エバー製品 : 今までの継承製品で データはお客様側に存在します。
  (下記「安定のエバー製品」参照)

マーク スカイ製品 : 新しいテクノロジー製品で、有料版の場合 データは弊社サーバーに存在します。
  (下記「スカイ製品誕生」参照)

 データアクセス方法と それに伴う処理が違いますが、それ以外の機能は ほぼ同一となります。

 ※スカイ製品ご検討の場合、(『見積番 7.0』「初期選択」ウインドウ内にあります)「スカイ速度確認」機能を使用して、お客様側で快適な通信環境か否かを事前ご確認ください。

安定のエバー製品

 クラウドが取り沙汰される昨今の日本ですが、その流れとは別に 「今までのような『見積番』を、この先もずっと継続販売して欲しい」というお客様の声が、すごく多くなってきました。

 実は 弊社では、『見積番 6.0』後の『見積番』は クラウド考慮の開発指針がございましたが、今までの『見積番』スタイルを継続希望なさるお客様の多さと、最近の脱クラウドの流れ(最先端の米国では顕著)もあり、バランスを考慮した開発に注力いたしました。
エバーイメージ
 そして完成したのが、『見積番エバー 7.0』製品です。

 今までの運用スタイルで『見積番』を使用したい・・・
 LANで『見積番』を共有したい・・・
 運用費を抑えたい・・・
 機密事項を外部に漏らしたくない・・・


 このようなお客様には、『見積番エバー 7.0』製品をおすすめいたします。

スカイ製品誕生

 『見積番 6.0』後ですが、「どのPCからでも、同じデータを共有したい」というお客様の声が 日に日に大きくなってきました。

 弊社では、Web の『見積番クラウド』製品を開発・提供いたしましたが、「『見積番 6.0』のような 高機能が欲しかった」というお客様のご希望にあまり沿えませんでした。

 そこで、ご希望に沿えない製品の提供は良くないと考え 『見積番クラウド』製品の提供をあきらめ、それに代わる クラウドでデータを共有できる 高機能『見積番』の開発にあたりました。

 Webのように 簡単にデータを共有でき、高機能・高信頼・高速の『見積番』を実現したい・・・
 データ共有先は 弊社クラウドサーバー(スカイサーバーと呼びます)を使用し、それを実現する機能をスカイ機能として 新しいテクノロジーで開発いたしました。
スカイイメージ
 そして完成したのが、『見積番スカイ 7.0』製品(有料版)です。

 東京と大阪と名古屋の事務所で 同じ『見積番』データを使用したい・・・
 会社と家の違うPCでも 同じ『見積番』データを使用したい・・・
 Webアプリは高度に処理できにくいが Webの利便性だけは享受したい・・・
 サーバーを気にすることなく、『見積番』更新料だけで利用したい・・・


 このようなお客様には、『見積番スカイ 7.0』製品(有料版)をおすすめいたします。

軽減税率制度等の複数税率/区分記載請求書 帳票対応

明細入力  2019年10月からは、軽減税率制度が始まる予定です。

 食品等を扱う業者の場合、その複数税率の制度は悩みどころかもしれません。

 それを簡単に扱う解決法が、『見積番 7.0』の「個別税」機能(ハイパエディション機能)です。

 過去の『見積番』にも「個別税」機能はありましたが、少し煩雑だったと感じます。

 そこで『見積番 7.0』では、簡単シンプルに対応できるように改良いたしました。 区分記載請求書 消費税コンボ

 これで、将来の軽減税率制度や 複数税率にも、容易に対応できると存じます。
 (新たな税率が出てきたときは、追加対応いたします)

 また 軽減税率制度と共に、(2023年予定のインボイス制度(適格請求書等保存方式)が適用されるまでの間)区分記載請求書も必要となります。

 『見積番 7.0』では、2019年10月から必要な区分記載請求書帳票にも対応し、準備は万端 整っています。(ハイパエディション機能)

特定の商品だけを 一覧表示

 今までの『見積番』機能で 一番多いご要望が、「特定の商品を使った見積書だけを、一覧に表示させたい」でした。

 弊社製『顧客番』に「条件検索」という同様の機能がありますが、強力な機能ゆえ かなり高度な内容でした。
 それを簡便な『見積番』にあわせて開発したのが、『見積番 7.0』の「条件検索」機能(ハイパエディション機能)です。 条件検索

 商品Aを扱った見積書だけを、一覧表示したい・・・
 佐藤さんだけの見積書を、一覧表示したい・・・
 商品A かつ 佐藤さんの複合検索で、一覧表示したい・・・


 これらのご要望を、『見積番 7.0』の「条件検索」機能は 簡単にお応えできます。

強力な印刷機能で、受注力アップ

印刷値設定  『見積番』といえば、かゆいところに手が届く 強力な印刷機能です。

 お客様ご希望の印刷イメージを、きめ細かい 座標やフォントや書式等の設定で、思いのままに実現できます。

 また、「一覧選択」や「明細入力」の印刷イメージの改良を望むお客様の声が多かったので、そのイメージに近い印刷を簡単に実現できるように改良いたしました。

 是非 強力な印刷機能で、受注力アップにつなげてください。

見積書のメール提示で、難しい設定を回避

独自メーラー  「お客様に見積書のPDFファイルを送りたいが、その設定が難しいので ワシントンソフト研究所で設定代行できないか?」というご要望も、多くいただきました。

 弊社で お客様の設定値を簡単に知る術がないので、それに代わる方法を検討いたしました。

 そして できたのが、「弊社サーバー送信有料サービス」(ハイパエディション機能)です。

 名前の通り 有料(年更新制)となりますが、難しい設定をすることなく、弊社サーバーを利用して ワンボタンでメール送信できます。
 (難しい設定とは、SMTP関連や認証関連の設定です)

 しかも 使用制限がないので、毎日何度でもご利用いただけます。
 (他のお客様にご迷惑をかからない範囲、つまり 常識範囲内でのご使用をお願い申しあげます)

永年培ってきた、洗練された機能の数々

書式入力  ここですべてを紹介しますと とても書き切れませんので、各処理ごとに ざっと簡単に説明いたします。

書式入力
 提示額端数処理で、弾力的な金額提示が可能。

表書入力
 自動連番機能(ハイパエディション機能)や、顧客マスター機能等で、表書入力も楽々。

表書入力 明細入力
 単価決定をサポートする単価反映機能や、複数の数量計算ができるマルチ数量機能、高度な計算処理を実現する相殺行機能や雑費業機能等、数え切れない程の利便性・拡張性に富んだ機能が満載。 (ハイパエディション機能)

備考入力
 ページ単位の コピー&ペースト機能で、備考欄のページ移動も簡単。

マスター
 通常マスター/顧客マスター/商品マスター それぞれの簡便機能で、文字や顧客や商品管理を強力サポート。 商品マスター呼出

 その他、『見積番 7.0』には 便利で有用な機能が満載となっています。
 是非 無料版をご使用いただき、『見積番 7.0』をお仕事にお役立てください。
 それで スペック不足等をお感じになりましたら、有料版のご検討をお願い申しあげます。

機能メニュー

初期メニュー(エバー製品) バージョン情報表示,エバー製品番号表示,グループ管理,ライセンス情報,有料サービス,パスワード管理,データベース最適化,エバーバックアップ,エバーリストア,データフォルダー設定,コンバージョン,排他管理全クリア,ライセンス削除,アプリ強制更新,『見積番』アプリフォルダーを開く,『見積番』データフォルダーを開く
初期スカイ(スカイ製品) スカイ許可,スカイ接続,スカイパスワード,オフライン暫定接続,スカイ管理中強制解除,スカイサービスご購入
初期メニュー(スカイ製品) バージョン情報表示,グループ管理,ライセンス情報,設定ダウンロード,設定アップロード,スカイバックアップ,スカイリストア,スカイ最適化,スカイコンバージョン,アプリ強制更新,『見積番』アプリフォルダーを開く
画面 一覧選択,書式入力,表書入力,明細入力,備考入力
ホーム 保存,印刷,プレビュー,PDF出力,グループ変更,書類ファイル新規作成,書類ファイルコピー/移動/削除,複数書類ファイルコピー/移動/削除,一覧選択エクスポート,明細入力インポート,明細入力エクスポート,検索,次を検索
機能 条件検索,郵便番号←→住所変換,自動連番,日付全設定,日付全消去,メーラー起動,独自メーラー起動,ブラウザ起動,単価反映
管理 マスター呼出/登録/編集,顧客マスター呼出/登録/編集,『見積番』アプリフォルダーを開く,『見積番』データフォルダーを開く
表示 並べ替え,グループ情報表示,ページ合計額表示,最初/前ジャンプ/前/後/後ジャンプ/最後の書類に移動
行編集 明細行切り取り/コピー/貼り付け/削除/クリア,複数明細行切り取り/コピー/削除/クリア,通常/値引/小計/中計/大計/メモ/雑費/相殺行挿入,メモ行編集,備考入力ページコピー/貼り付け/クリア,改ページ,最後の次行に移動
設定 初期値設定,項目設定,印刷値設定,ローカルクリア,「初期選択」復活
ヘルプ 製品ヘルプ,ショートカットキーガイド,弊社サイト表示,修正版/最新版情報ページ表示,ユーザーお問い合わせページ表示,バージョン情報表示,エバー製品番号表示

『見積番 7.0』エディションの相違点

 具体的な違いを簡単に記しますと、下記の通りとなります。(詳細な違いは、エディション別最大数・機能等参照)

マーク ハイパエディション (高機能)  ・・・『見積番エバーハイパ 7.0』,『見積番スカイハイパ 7.0』
  ハイレベルなスペックと 高度な機能を搭載しています。
  (ハイパエディションは、旧製品の 『見積番ハイパ』及び『見積番エース』後継アプリとなります)

マーク ライトエディション (シンプル)  ・・・『見積番エバーライト 7.0』,『見積番スカイライト 7.0』
  安価かつ 必要最小限機能となります。
  (ライトエディションは、旧製品の 『見積番ライト』及び『見積番ビギン/かんたん』後継アプリとなります)

 『見積番 7.0』は上位移行サービスがありますので、上位エディションへの変更は差額のみのお支払いで可能です。
 (マルチユーザーパックの上位移行も、差額のみです)

上へ
上へ トップ 紹介 サンプル スペック 価格 ダウンロード
Copyright(C) Washington Soft Laboratory Co.,Ltd. All Rights Reserved.