ワシントンソフト研究所ロゴ ワシントンソフト研究所タイトル
メニュバー
 弊社製品の一般的FAQ (よくある質問とその答え)

FAQの目次

マーク 製品関連
 三角マーク 製品の対応OSを知りたい
 三角マーク 古いPCを処分し、新しいPCで製品を使用したい
 三角マーク バージョンアップで、古いデータを引き継ぎたい
 三角マーク CDを紛失してしまった
 三角マーク ダウンロードファイルを紛失してしまった
 三角マーク パッケージ製品を間違って注文してしまった

マーク 認証関連
 三角マーク ダウンロード製品で、ライセンスキーが有効にならない

マーク 技術関連
 三角マーク ネットワークドライブの割り当てを実行したい

マーク セキュリティ関連
 三角マーク ノートン製品で、インストールがブロックされる
 三角マーク ノートン製品で、製品がブロックされる

製品関連のFAQ

Q: 製品の対応OSを知りたい

A:
 『見積番』/『顧客番』/『マルチクリック番』のOS対応状況ですが、バージョン別に下記の通りとなります。

 『見積番 6.0』  Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP
 『見積番 5.0』  Windows 7(SP1未満) / Vista / XP / 2000 / Me / 98
 『見積番 4.0』  Windows XP / 2000 / Me / 98
 『見積番 3.0』  Windows Me / 98 / 95
 『見積番 2.1』  Windows 98 / 95
 上記以前  MS-DOS 3.3以上

 『顧客番 5.0』  Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP
 『顧客番 4.0』  Windows 7(SP1未満) / Vista / XP / 2000 / Me / 98
 『顧客番 3.0』  Windows XP / 2000 / Me / 98 / 95
 『顧客番 2.0』  Windows 98 / 95
 『顧客番 1.0』  Windows 95

 『マルチクリック番 3.0』  Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista
 『マルチクリック番 2.0』  Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista
 『マルチクリック番』  Windows 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP
 『タスククリック番』  Windows 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP


Q: 古いPCを処分し、新しいPCで製品を使用したい

A:
 下記の各製品に応じた説明をご参照ください。

  『見積番 6.0』製品

 下記要領を実行してください。
1>古いPCで、『見積番 6.0』を起動
2>「初期メニュ」ウインドウで、[手動バックアップ]を実行
3>確認ウインドウを経て、「フォルダの参照」ウインドウでバックアップ先を指定して[OK]ボタンクリック
 (バックアップ先は、USBメモリ等をご指定ください)
4>確認ウインドウ等を経て、バックアップ完了後、弊社製品を終了
5>次に、新しいPCに弊社製品をインストール
 (パッケージ製品はCD、ダウンロード製品は「『見積番 6.0』 体験版ダウンロード」をご使用ください)
6>新しいPCで、弊社製品を起動
 (ダウンロード製品の場合、ライセンスキーで正規製品に変更する必要があります)
7>「初期メニュ」ウインドウで、[手動リストア]を実行
8>確認ウインドウを経て、「フォルダの参照」ウインドウでバックアップ先を指定して[OK]ボタンクリック
9>確認ウインドウ等を経て、リストア完了後、弊社製品を稼動
 正常にデータがリストアされていることをご確認後、古いPCの弊社製品を必ずアンインストールしてください。
 なお、ローカルPCに保存されるデータ(列幅等)等は(PC環境に依存するため)復元できませんので、ご了承ください。


  『顧客番 5.0』製品

 下記要領を実行してください。
1>古いPCで、『顧客番 5.0』を起動
2>「初期メニュ」ウインドウで、[手動バックアップ]を実行
3>確認ウインドウを経て、「フォルダの参照」ウインドウでバックアップ先を指定して[OK]ボタンクリック
 (バックアップ先は、USBメモリ等をご指定ください)
4>確認ウインドウ等を経て、バックアップ完了後、弊社製品を終了
5>次に、新しいPCに弊社製品をインストール
 (パッケージ製品はCD、ダウンロード製品は「『顧客番 5.0』 体験版ダウンロード」をご使用ください)
6>新しいPCで、弊社製品を起動
 (ダウンロード製品の場合、ライセンスキーで正規製品に変更する必要があります)
7>「初期メニュ」ウインドウで、[手動リストア]を実行
8>確認ウインドウを経て、「フォルダの参照」ウインドウでバックアップ先を指定して[OK]ボタンクリック
9>確認ウインドウ等を経て、リストア完了後、弊社製品を稼動
 正常にデータがリストアされていることをご確認後、古いPCの弊社製品を必ずアンインストールしてください。
 なお、ローカルPCに保存されるデータ(列幅等)等は(PC環境に依存するため)復元できませんので、ご了承ください。


Q: バージョンアップで、古いデータを引き継ぎたい

A:
 下記要領を実行してください。
1>古いPCで、旧製品を起動
2>「初期メニュ」ウインドウで、[一括バックアップ]を実行
3>確認ウインドウを経て、「フォルダの参照」ウインドウでバックアップ先を指定して[OK]ボタンクリック
 (バックアップ先は、USBメモリ等をご指定ください)
4>確認ウインドウ等を経て、バックアップ完了後、旧製品を終了
5>次に、新しいPCに新製品をインストール
 (パッケージ製品はCD、ダウンロード製品は「体験版ダウンロード」をご使用ください)
6>インストール完了後、新製品を起動
 (ダウンロード製品の場合、ライセンスキーで正規製品に変更する必要があります)
7>「初期メニュ」ウインドウで、[コンバージョン]を実行
8>「フォルダーの参照」ウインドウが表示されますので、(USBメモリ等の)旧製品バックアップ先を指定し、[OK]ボタンクリック
9>確認ウインドウ等を経て、コンバージョン実行
 (新バージョンと整合性の取れないデータや不正データは、除外されます)
10>コンバージョン完了のウインドウが表示され、結果表示
11>新製品を稼動


Q: CDを紛失してしまった

A:
 ユーザご登録済みのユーザ様であれば、CDを再発行できます。
 再発行には、発行手数料・メディア代・郵送代としまして、\4,500(税込)が必要となります。

 銀行振込 によるお支払い 
 「銀行振込のお問い合わせ」で、まず銀行振込先をお問い合わせください。
 その際、銀行振込の目的 欄で、下記内容を必ずご入力ください。

 CD再発行希望 と入力し、ご登録済み製品番号も入力

 折り返し、銀行振込先をメール連絡させていただきます。

 クレジットカード によるお支払い 
 「クレジットカードによるお支払い」よりお手続きできます。
 その際、下記内容を必ずご指定ください。

○お支払い内容:CD再発行希望 と入力し、ご登録済み製品番号も入力
○お支払額:\4,500

 クレジットカード正常処理後、再発行手続きを取らせていただきます。

 ジャパンネット銀行 によるお支払い 
 「ジャパンネット銀行によるお支払い」よりお手続きできます。
 その際、下記内容を必ずご指定ください。

○お支払い内容:CD再発行希望 と入力し、ご登録済み製品番号も入力
○お支払額:\4,500

 ネットバンキング正常処理後、再発行手続きを取らせていただきます。

 楽天銀行 によるお支払い 
 「楽天銀行によるお支払い」よりお手続きできます。
 その際、下記内容を必ずご指定ください。

○お支払い内容:CD再発行希望 と入力し、ご登録済み製品番号も入力
○お支払額:\4,500

 ネットバンキング正常処理後、再発行手続きを取らせていただきます。

 郵便振替 によるお支払い 
 郵便局で郵便振替払込書を入手し、そこに下記の内容を記して必要代金と共に郵便局窓口にご提示ください。
(郵便局の振替手数料(130円等)がそのとき別途かかりますので、ご留意ください)

○口座番号:00960-3-0253015
○加入者名:ワシントンソフト研究所
○金額:\4,500
○通信欄:CD再発行希望 と記し、ご登録済み製品番号も記述
○ご依頼人:ユーザ様の住所・氏名・電話番号

 郵便局で領収書として渡される「払込金受領証」のコピーを取り、弊社宛FAX〔06-4560-3086〕してください。
(FAXには連絡先の他に、CD再発行希望 と記し、製品番号も必ず記述しておいてください)
 FAXを受け取った後、再発行手続きを取らせていただきます。


Q: ダウンロードファイルを紛失してしまった

A:
 販売中の新しい製品の場合、各製品の 体験版ダウンロード ページにダウンロードファイルがございます。
 こちらの体験版をライセンスキーを使用しまして、正規製品に変更してください。


Q: パッケージ製品を間違って注文してしまった

A:
 例えば、『見積番ハイパ』製品を購入するところを、間違って『顧客番ハイパ』製品を購入してしまった場合等ですが、製品到着後8日以内であれば、パッケージ製品でも所定の手数料をお支払いいただければ変更可能です。
 変更に関する所定の手数料は、変更手数料・新規発行手数料・メディア代・郵送代としまして、\6,000(税込)が必要となります。

 そしてお客様側の変更手続きですが、下記方法で手数料をお支払いいただき、その後お手元のパッケージ製品を弊社宛(〒586-0084 大阪府河内長野市旭ヶ丘10-10 ワシントンソフト研究所サポート宛)に送り返してください。

 銀行振込 によるお支払い 
 「銀行振込のお問い合わせ」で、まず銀行振込先をお問い合わせください。
 その際、銀行振込の目的 欄で、下記内容を必ずご入力ください。

 変更するパッケージ製品名を入力(例:"『見積番ハイパ』に変更希望")

 折り返し、銀行振込先をメール連絡させていただきます。

 クレジットカード によるお支払い 
 「クレジットカードによるお支払い」よりお手続きできます。
 その際、下記内容を必ずご指定ください。

○お支払い内容:変更するパッケージ製品名を入力(例:"『見積番ハイパ』に変更希望")
○お支払額:\6,000

 クレジットカード正常処理後、お客様からの製品ご返却を待って、変更処理させていただきます。

 ジャパンネット銀行 によるお支払い 
 「ジャパンネット銀行によるお支払い」よりお手続きできます。
 その際、下記内容を必ずご指定ください。

○お支払い内容:変更するパッケージ製品名を入力(例:"『見積番ハイパ』に変更希望")
○お支払額:\6,000

 ネットバンキング正常処理後、お客様からの製品ご返却を待って、変更処理させていただきます。

 楽天銀行 によるお支払い 
 「楽天銀行によるお支払い」よりお手続きできます。
 その際、下記内容を必ずご指定ください。

○お支払い内容:変更するパッケージ製品名を入力(例:"『見積番ハイパ』に変更希望")
○お支払額:\6,000

 ネットバンキング正常処理後、お客様からの製品ご返却を待って、変更処理させていただきます。

 郵便振替 によるお支払い 
 郵便局で郵便振替払込書を入手し、そこに下記の内容を記して必要代金と共に郵便局窓口にご提示ください。
(郵便局の振替手数料(130円等)がそのとき別途かかりますので、ご留意ください)

○口座番号:00960-3-0253015
○加入者名:ワシントンソフト研究所
○金額:\6,000
○通信欄:パッケージ製品変更希望 と記述
○ご依頼人:お客様の住所・氏名・電話番号

 郵便局で領収書として渡される「払込金受領証」のコピーを取り、弊社宛FAX〔06-4560-3086〕してください。
(FAXには連絡先の他に、パッケージ製品変更希望と記し、変更する製品名も記述しておいてください)
 FAXを受け取った後、お客様からの製品ご返却を待って、変更処理させていただきます。


上へ

認証関連のFAQ

Q: ダウンロード製品で、ライセンスキーが有効にならない

A:
 提示したライセンスキーで、余分な文字列を入力していませんか。
 また、"i"と"1"や "1"と"l"、"o"と"0"等の 間違いはございませんでしょうか。

 ライセンスキー文字列の入力間違いを防止する一番良い方法は、提示ライセンスキーをコピー&ペースト(貼り付け)することです。


上へ

技術関連のFAQ

Q: ネットワークドライブの割り当てを実行したい

A:
 下記の各OSに応じた説明をご参照ください。

 Windows 7 

1>Windows 7 のスタートボタン(丸い Windows 画像)をマウス右クリックし、エクスプローラーを開く をクリック

7のネットワークドライブの割り当て

2>エクスプローラーウインドウが表示されますので、(メニュバーを表示させるため、左上の)整理 をクリック
 (メニュバーが表示されている場合は、2>〜4>の操作は 不要です)
3>その中の、レイアウト→メニュバー をクリック
4>エクスプローラーウインドウの上部に、メニュバーが表示される
5>ツールメニュバー→ネットワークドライブの割り当て をクリック

7のネットワークドライブの割り当て

6>「ネットワークドライブの割り当て」ウインドウが表示されますので、下記設定を実行
 ○ドライブは、規定値で良い("Z:"等)
 (弊社製品の「ネットワーク設定」では、このネットワークドライブ("Z:"等)を使用します)
 ○フォルダーは、"\\コンピュータ名\フォルダ名"の書式で入力
 (サーバコンピュータ名が"server"、サーバの共有フォルダ名が"share"の場合、"\\server\share"となります)
 ○ログオン時に再接続するは、チェックオン

7のネットワークドライブの割り当て

7>[完了] をクリック


 Windows 8.1/8 

1>Windows 8.1/8 のデスクトップ画面で、タスクバーにある エクスプローラ をクリック

8のネットワークドライブの割り当て

2>(コンピューター と記された)エクスプローラウインドウが表示されますので、まず(左枠に表示されている)コンピューター をクリック
3>次に(上に表示される)コンピューター タブをクリック
4>そして(そこで表示される)ネットワークドライブの割り当て→ネットワークドライブの割り当て をクリック

8のネットワークドライブの割り当て

5>「ネットワークドライブの割り当て」ウインドウが表示されますので、下記設定を実行
 ○ドライブは、規定値で良い("Z:"等)
 (弊社製品の「ネットワーク設定」では、このネットワークドライブ("Z:"等)を使用します)
 ○フォルダーは、"\\コンピュータ名\フォルダ名"の書式で入力
 (サーバコンピュータ名が"server"、サーバの共有フォルダ名が"share"の場合、"\\server\share"となります)
 ○サインイン時に再接続するは、チェックオン

8のネットワークドライブの割り当て

6>[完了] をクリック


 Windows 10 

1>Windows 10 のスタートボタンをマウス右クリックし、エクスプローラー をクリック

10のネットワークドライブの割り当て

2>エクスプローラウインドウが表示されますので、(左枠に表示されている)ネットワーク をマウス右クリック
3>その中のネットワーク ドライブの割り当て をクリック

10のネットワークドライブの割り当て


4>「ネットワークドライブの割り当て」ウインドウが表示されますので、下記設定を実行
 ○ドライブは、規定値で良い("Z:"等)
 (弊社製品の「ネットワーク設定」では、このネットワークドライブ("Z:"等)を使用します)
 ○フォルダーは、"\\コンピュータ名\フォルダ名"の書式で入力
 (サーバコンピュータ名が"server"、サーバの共有フォルダ名が"share"の場合、"\\server\share"となります)
 ○サインイン時に再接続するは、チェックオン

10のネットワークドライブの割り当て

5>[完了] をクリック


上へ

セキュリティ関連のFAQ

Q: ノートン製品で、インストールがブロックされる

A:
 ノートンのセキュリティ製品で、誤検知により 弊社製品のインストールがブロックされるときがあります。
 その場合は、お手数ですが、下記対応をお願いいたします。
 (「Norton Internet Security」製品で、例示いたしておりますので、他製品で発生する場合がありましたら、同様のご対応をお願いいたします)

1>「Norton Internet Security」製品を起動し、設定 をクリックする
ノートンインストール対策
2>設定で、ウイルス対策をクリックする
ノートンインストール対策
3>次に、自動保護をオフにし、[適用]をクリックする
ノートンインストール対策
4>すると、セキュリティ要求 の警告ウインドウが表示されるので、保護オフの時間を確認し、[OK]をクリック
 (通常、インストール作業は15分以内で完了しますので、そのまま[OK]をクリックしてください)
ノートンインストール対策
5>危険な状態です の警告ウインドウが表示されますが、ここではそのままにして 弊社製品のインストール作業を開始
ノートンインストール対策
6>弊社製品のインストール作業を行い、完了させる

7>弊社製品のインストール作業が完了しましたら、先ほどの警告ウインドウで [今すぐ解決]をクリック
ノートンインストール対策


Q: ノートン製品で、製品がブロックされる

A:
 ノートンのセキュリティ製品で、誤検知により 弊社製品の稼動がブロックされるときがあります。
 その場合は、お手数ですが、下記対応をお願いいたします。
 (「Norton Internet Security」製品で、例示いたしておりますので、他製品で発生する場合がありましたら、同様のご対応をお願いいたします)

1>「Norton Internet Security」製品を起動し、設定 をクリックする
ノートンブロック対策
2>設定で、ウイルス対策をクリックする
ノートンブロック対策
3>スキャンとリスクタブをクリックし、(右の)スクロールバーで 下までスクロールさせる
ノートンブロック対策
4>スキャンから除外する項目の右にあります、設定 [+] をクリックする
ノートンブロック対策
5>スキャンの除外で、[フォルダの追加]をクリックする
ノートンブロック対策
6>項目の追加で、入力部の右のアイコンをクリックする
ノートンブロック対策
7>フォルダの参照で、インストールフォルダを選択し、[OK]をクリックする
 (弊社ソフトの既定値の場合、"C:\Soft■■" となります)
ノートンブロック対策
8>項目の追加で、インストールフォルダが入力されていることを確認し、[OK]をクリックする
ノートンブロック対策
9>スキャンの除外で、インストールフォルダが追加されていることを確認し、[OK]をクリックする
ノートンブロック対策
10>次に 自動保護・・・除外する項目 の右にあります、設定 [+] をクリックする
ノートンブロック対策
11>リアルタイム除外で、[フォルダの追加]をクリックする
ノートンブロック対策
12>項目の追加で、入力部の右のアイコンをクリックする
ノートンブロック対策
13>フォルダの参照で、インストールフォルダを選択し、[OK]をクリックする
 (弊社ソフトの既定値の場合、"C:\Soft■■" となります)
ノートンブロック対策
14>項目の追加で、インストールフォルダが入力されていることを確認し、[OK]をクリックする
ノートンブロック対策
15>リアルタイム除外で、インストールフォルダが追加されていることを確認し、[OK]をクリックする
ノートンブロック対策

16>もし、製品自体が削除されていて実行できない場合は、メディア等から 製品を上書きインストールする


上へ
Copyright(C) Washington Soft Laboratory Co.,Ltd. All Rights Reserved.